論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

胃を痛める本がついに出た

昨年、ついにみずほ銀行の新システムが稼働した。 苦節19年という長い歳月の中どのようなアプローチでここまでに至ったかをシステム開発の視点から論じた本が本書である。
# 本書の大きな章立て 本書は大きく分けて3つの内容で成り立っている。
- 新システムの特色、移行に当たり配慮した点を技術面で論じる
- 新システム導入前に発生した大規模システム障害の内容、原因、対策
- 新システム導入後の展望(頭取のありがたいインタビューつき)

本書で一番胃を痛める内容、システム障害

実はこの本で一番面白いのはここである。周囲に同案件に関わっていないからこそ笑ってみることができるというのはあるが、一番切迫感のある内容(ここだけ熱量が違う)とその後の冷静な分析は、この本の面白さの七割はしめている。
旧システムは経営統合前のシステムであり、統合時に各種データを結合したことによるもののみならず、初期設定が80年代であることからシステムの陳腐化や通信量の増大により障害が発生した(2011年3月の震災時の義援金振り込み集中によるものはこれが一因)ものであり、担当者は処理件数の上限を知らなかったためバッチ処理を夜間に行いきれないため日中にまで障害が及んでしまったことなど、システムの陳腐化と担当者の認識誤りがシステム障害を長びかせてしまったとしており、一つの必然と一つの誤りが大規模障害につながってしまうという恐ろしさを覚えた。
もう一つは経営層の決断の遅さ、システム投資を行わなかったことへの批判である。これは出版社がIT系の日経コンピュータであることからそのような論点を挙げているし、事実であるが実際問題として投資効果が視覚化しにくい分野に資本を投下するのはなかなか難しいことではある。(結果としてサンドの大規模障害により投資せざるを得なくなったのは悲劇である)
自分はエンジニアではなくどちらかといえば帳簿を見る人間であるので経営層と同じ立場に置かれたとき、システム刷新という決断を導き出せるかという点で胃が痛い思いをした。
ただし同決断は銀行などの大企業特有の社内政治が大きく絡むところではあるため、ここにしか目を向けなかった経営層を糾弾するのは当たり前ではあるが。

どこで胃をいたくするかは人次第

この本はエンジニアならシステム改修や刷新時の苦労話で胃を痛めるし、管理者であればシステム障害に当たり、解決に全力を挙げさせるため一時サービスを全部止めるというようなシビアな決断を求められたときに自分はどうするのかという場面で胃痛を覚えるという、自らのストレス耐性を図る本になっている。
このような本は自らの経験によらず同様の判断を求められたらどうするかを教えてくれる本であるし、そういう意味合いで読めなければただの胃がいたくなる本もしくは物見遊山になってしまう。心して読むべき本である。

仕事をやめた

はじめに

2月に八年近く勤めていた仕事をやめた。理由は転職するためであるが、辞めるにあたって決めてというかそういう動くに至る経緯をまとめたいと思った。
これはいわゆる退職エントリというものでもないが、それなりに愛着があった仕事をやめるきっかけを自分の中で整理したいと思って書き出したものである。そういうたぐいの記事が苦手な人はブラウザバックしていただけたら幸いである。

成果が評価されてないように感じた

これは文字通りのことであるが、平成がはじまり現在に至るまでの放ったらかしにされていた事案を解決したと言えるほどの状況まで持っていったり、同様の事象が発生しないために各部門を巻き込んで連携体制や業務マニュアルを作成し共有したにも関わらずこれを評価されることはなかった。この事案に関してはすでに社会問題化しているにも関わらずこれを未然に不正だという成果が評価されずにいたのは正直悔しかった。 # 配属を希望しないとはっきり意見したにもかかわらずそこに配属させられた 異動や配置換えはサラリーマンの常であるが、上記の成果を出しつつ、かつ「ここだけは配属しないでくれ」と述べた部署に即座に配属になったこと。これは「自分が必要とされていない」もしくは「無茶をやっても唯々諾々と従うだろう」と思われているように感じ非常に憤りを覚えた。案の定その部署では成果らしい成果を出すことはできなかった。

あまりにも実績を軽視した人事評価

とはいえ、それでも実績がない、明確な評価基準に沿って評価した上での配転であれば納得がいくが、そこには人事評価基準がはっきりと存在しないかのように思われた。ただ喋っているだけだったり、外に出て時間間際に戻ってくる者が調子のいいヨイショを上司に行っているだけで自分よりも評価が上である、進捗がまもれないにもかかわらずそのような評価をくだされるのは流石になにをしていいのかわらなかった。 # 気分で言うことが変わる上司 表題の通り。

振られた

職場に配属になったら「将来がみえない」と言われて振られた。
もともとその会社に勤めていた理由がその人の近くにいるためだったので、これでそこにしがみつく理由もなくなった。楽しいものでもないしね。

じゃあ次何をやるの

転職先では自分が成果を出してきた分野について専門的に行うこととなります。中途採用であるため求められるのは成果だと思うのでかなり厳しい環境に身を置くことになりますが、同じ成果がでないでも、自分が納得して得意分野だと思ってやっているところで評価されないならば自分の実力不足だと思って割り切れるので自分どこまで通用するのかわからないですが、楽しみでならない。 私の新しい道にごきたいください!

幸福の最大化と不快の最小化

 人生において最大の目標とはなにかと考えたときに「誰よりも幸福でありたい」と考えるのは当たり前であると思う。もちろん幸福であるというのは、様々な手段や様々な目的を達成することによって幸福であると認識しようとするのが一般的だろう。例えば

- 目見麗しい配偶者を得る  

- その上で才能ある我が子を得る

- 楽隠居を早い段階で決めこんで往生する  

というようなものは幸福の最大化した結果でかつ社会的認知も高いものであろう。しかし自分はこの幸福の最大化する生き方を志向していないことに気がついた。

不快の最小化という生き方

 自分にとって人生の指針は「不快の最小化」である。これは何かというと「不快と思うおよそすべてのものを可能な限り排除しよう」とする考え方である。そのため、私はまず、なにが不快に思うのかを考えた。

少なくとも自分にとっては以下のことが不快に感じるということを認識した。

- 他人に気を遣う、気を遣わざるを得ないこと

- 善意が義務化すること

- 意に沿わぬことを強要されること

 これらが不快に思う3大要因である。(少なくとは私にとって)

 これらを避けるためには以下の方策が考えられる。

- 極力他人と関わらないこと(関わるとしても深く関わりすぎない)

- 善意が義務化しないようにやらなくていいことはやらない、やるとしてもそうならないように必ず条件をつける

- 意に沿わぬことを強要された場合なるべく早くその場所から離れる

 

ということを行うことによって不快の最小化に努める必要がある。

 思うに、幸福の最大化とはこれらの不快になる要因すらも引き受けて幸福であろうとする生き方であり、それを成し遂げるためにはある程度の我慢が必要なのだと思う。

自分にとっては他人より幸福であるために不快を引き受けるつもりは毛頭ないため、この生き方とは相容れない。できる限り一人で生きていくのが自分にとっての不快の最小化であり、幸福の最大化であるのである。

 つまり、とてつもなく面倒くさい生き方でかつ、孤独な生き方を己に強いているという形になるが、仕方ない。

 

だって楽なんだもん

乾き手のチョーク戦略

乾き手、それはクライミングにおいて手汗をほとんどかかない人の手のこと。
手汗でホールドが濡れることによるスリップはないが、ホールドに弾かれる(文字通り保持をしていたはずがバツっ!と手がホールドから飛ばされる)など乾き手ならではの悩みもある。
しかし、インターネット上にはヌメ手(手汗がたくさん出る人)の対策はたくさんあるが、乾き手の情報はほとんどない。そこで私なりの対処法をまとめたので参考にしてほしい。

チョーク下地を使用する

チョーク下地を使用する最大の理由は「乾き手はチョークが乗らない」ということ。極論ホールドに触れた瞬間からチョークが外れていく。別になくても登れなくはないのだが、リードクライミングみたいなロングルートだと気持ちの問題で白い粉が手に乗っている状態のほうが安心するということもあり一つの問題である。
そこで、チョーク下地を利用する。チョーク下地により地肌に膜を作ることにより、チョーク乗りを良くする狙いである。
チョーク下地はアドフリクション

などもあるが、私は液体チョークのPD9

を使用している。

いいチョークを使う

これはもう相性なので自分にあったチョークを使うこと。
相性なのでなんともいえないが、私は東京粉末のスピードとフリクションラボのゴリラグリップを混ぜている。理由はゴリラグリップが好きなのと東京粉末スピードの匂いが好きだから。

Tokyo Powder Industry(東京粉末) SPEED Bottle / Pack (330 グラム)

Tokyo Powder Industry(東京粉末) SPEED Bottle / Pack (330 グラム)

乾き手はチョークはなくてもいいのか

結局の所、何を使っても乾き手はあまり効果がない。
ただし、クライミングは登る前に「できない理由を潰す」ことにより登れることになるスポーツだと思っているので「ホールドが滑って落ちました」のような理由を予め作ってはならないのである。
フリークライミングはシューズとチョーク以外道具を用いない以上、使える道具はできる範囲でこだわるべきである。

クライミングお金のかかる趣味なのか

最近新しい趣味としてのめり込んでいるクライミング、インドアだと こういう色とりどりの石を登っていくスポーツとしてお馴染みですが f:id:lost_tech:20190322071908j:plain 「お金かかるんじゃないの?」
という疑問があるのも確か。ここで私の費やしてきた金額とともに紹介したい。
なお、今回は「趣味として日常的に楽しむ」ことを念頭に置いているので、レンタルできるものもレンタルしないで買うことを前提に算出した。試したいだけの人は近くのジムに動きやすい服装と三千円ぐらい握りしめていけばすぐに始められるので、すぐに登りに行こう

ライミングシューズ

ライミングをやるにあたって絶対に必要となるのがクライミングシューズ。登るときに使う専用の靴です。
こだわりだすと複数足を使い分けるとかし始めてしまうわけでですが、そこまでのめり込まない場合は一足でオッケーです。

こういうスリッパタイプのものなら一万五千円程度で買える。
高いものは三万円近く行くものもあるが、それは上級者モデルなので、いつか履ける時が来れば購入すればいいと思う。

チョーク

体操選手やピッチャーがニギニギしている末端価格グラム数円の白い粉。滑り止めというよりも手汗を抑えるためのものです。手汗をほとんどかかない乾き手の人も持っておくべき。前にトライした人の手汗で滑って落ちちゃうということがままあります。
これこそ好みの問題なのですが、これを買っておけば問題なしという東京粉末のピュアブラック

東京粉末(TOKYO POWDER INDUSTRIES) PURE BLACK/ピュアブラック NET330g

東京粉末(TOKYO POWDER INDUSTRIES) PURE BLACK/ピュアブラック NET330g

と液体チョークのPD9  

これらで各1900円と980円。    

チョークバッグ

白い粉を入れる袋。腰から下げるものから両手を入れられる置き型のものまで。液体チョークならなくてもオッケー。
1500円からあります

(マムート) ベーシック チョーク バッグ 2290-00372

(マムート) ベーシック チョーク バッグ 2290-00372

ジム利用料

まちまちですが、一ヶ月通い放題でだいたい一万二千円ぐらい。  
週二回定期的に通えるなら購入したほうが得。  ## ( お好みで)クラッシュパッド
外岩(岩場で岩を登る)に行くならばなくてもいいけど怪我をしたくないなら、限界ギリギリまとトライしたいならないとダメなやつ。  
 クライミングジムは床にマットを敷いていますがそれを持ち運び用にしたもの。重い。デカイ。  これも大きさと用途で金額が分かれますが、私の使っているメトリウスのセッションIIはおよそ二万円程度。インドア専門です!という人は持ってなくても全然問題ない。

交通費

青天井。ジムの往復ならまだしも外岩行く!となると行く岩場によっては片道数千円~ 車で移動するにしてもガソリン代等々がかかりますのでのめり込むと加速度的に増えるのがこの交通費です。 ## 総計すると - クライミングシューズ 15000円~ - チョーク 980円~ - チョークバッグ 1500円~ - ジム利用料 月額12000円~ - 交通費 お好みで 大雑把に計算すると持ち出し三万円もあればすぐに遊べる趣味ですよ!みんなもやろう!

ミステリーランチクーリー25を買う

ミステリーランチクーリー25を買う
一昨年からボルダリングを始めたのだが,ボルダリングの用具(クライミングシューズ,チョークバッグ,着替え)
と仕事道具を全部入れていけるバックパックがなかなか見つからない状況が続いていた。
ASAPは水筒入れるとパンパン, minaal2.0,dailyは大きすぎ,小さすぎると言った形で
帯に短し襷に長しという状況が続いていた。そのため以下の候補を考えていた。


** ミステリーランチスイートピー
容量十分,スリージップ,背面長調整可能と大本命であったが,カバン自体がまちなかで使うには
あまりに大きすぎるため断念。

 

ミステリーランチ Sweet Pea スイートピー コヨーテ(Coyote)

ミステリーランチ Sweet Pea スイートピー コヨーテ(Coyote)

 

 


** ミステリーランチ3day Assault
スイートピーの断念した理由に加え,値段が高すぎる

 

 


** メッセンジャーバッグ
使ってみたが,仕事道具を入れると重くなりすぎてしまい,ワンショルダーだと無理があった

以上のような理由で探し求める日々を送っていたのだが最近ぴったりのものをみつけた,クーリー25である。
ASAPの良さをそのまま大きくしたような感じだが,特徴は全面に設置されたポケットである。
ここにクライミングシューズを突っ込んで入れてもいいし,着替えたシャツをいれて家に帰れば楽ちんちんというものぐさな
私にはぴったりな機能。その上仕事道具を目一杯入れてもまだまだ余裕のある容量。まさにどんぴしゃりである。


** 背面長調整可能なのがどのようにいいか
バックパックは背面長やリフターストラップでどこまで荷物を体に密着させるかで体感重量が大きくかわる。
バックパックの底が腰骨のあたりで,ショルダーハーネスが肩甲骨の頂点にあるあたりに調整し,バックパックを密着させることができれば
十数キロの荷物でも重さを感じることがほとんどなく,カバンが揺れることもなく走ることすらできる。
そのため重い荷物を持っていく人間にとって背面長調整ができるバックパックは非常にありがたいのである。というよりもこれがあるからミステリーランチを
好んで使用している。


** バックパックそのものの重量は重い。
1.4kg程度の重量なのでバックパックそのものが重い。中に鉄板が入っているのでそりゃそうなのだが,厚いナイロンを二重ぞこにしたり,
ショルダーストラップが分厚い(これでも数年前よりだいぶ薄くなってはいる)などと要因はあるのだがそれほど頑丈ですということである。
自分は多少重たくてもラフな使い方をしても壊れないことを求めているのでこれについては問題がなかったが少しでも軽くしたい人にはおすすめできない。


* だれにおすすめできるか
ミステリーランチのバックパック
- 荷物が多く,重量もある
- 長い時間歩くなど背負う時間が長い
- 頻繁に荷物をとりだすことがある

など,たくさん荷物を持ってたくさん歩く人にはこの上ないバックパックだがそうでない人にはデザインがいいかもしえないけど高いバックパックだろう。
個人的には荷物が多い法学部生などが使うとこのバックパックの良さがわかってくれると思う。

なによりこの「人を選ぶけど,ハマれば大きい」という尖った製品が大好きな上に,その良さを体感してしまったのでもう手放せない。
一昨年のベストバイ。

 

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) クーリー25 19761128 コヨーテ
 

 

moonのサイファーパンツを輸入した  

欲しいのに売っていない、よし!個人輸入だ  

 最近クライミングにハマりにハマり、楽しんでいたのですが、ついに愛用しているパンツが破れてしまった。そこで新しいパンツを探していたのですが、ほしいパンツがあったの買おうとしたらサイズがない。
そこで個人輸入をすることとした。個人輸入はクライミング以外で複数回やっているため、やりかたはわかっているのでスムーズにできたのですが、今後のために知見を共有したい。

費用

少なくとも国内で買うよりは安かったし、品揃えも良かった。
サイファーパンツの場合、64£(日本円でおよそ6000円ぐらい) それに加えて送料が20£がサイファーパンツを購入する費用となる。
為替レートが日々変わるため断言はできないが、一万円程度で輸入できてしまう。
ただし、これに加えて関税がかかる。簡易関税として、費用の10%が関税となる。

www.customs.go.jp

購入にあたっての注意点

  • サイズは事前に合わせておく。具体的には日本サイズのいっこしたのサイズを買えばだいたいオッケー
  • 関税は代金引換となるので、予め現金を用意するのとおうちにいるようにする
  • 関税はかかるときもあるし、かからないときもある。

    輸入する必要あるの?

    近くで買えるなら正直言ってない。
    ただし、在庫が潤沢でないし、ほしい色もないという人や安く買いたい人や、同じパンツを複数本買う場合はメリットが大きくなる。