読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

官公庁会計の仕組み 支出編 支出事務 はじめに

*** はじめに

ここからは実際の支出事務をどのように行っているのかを解説する。この章の目的は「なぜこのような特別な手続きを踏まなければならないのか」を

説明することと同時に職員なら避けては通れない支出事務についてここで整理することにより職務の深い理解と円滑な進行を成し遂げることである。

 また、企業にお勤めの方で官公庁を相手に仕事をされる方で「なんでこんなに待たされるのか」ということを考えたことがおありだろう。

支払いサイト(間隔)の長かったと思ったら急に支払いがあったりすることもあるだろう。それはなぜ起こるのかということも併せて説明したい。

 まず、支払事務の多重化の理由であるが簡単な理由で「税の適正な使用を行っているかを支出前に確認する」ことがその理由である。

その確認作業はどのように行っているのか。どのような意味で行っているのかをこれから説明したい。