読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

十行ぐらいでわかる「隷属の道」

感想

  今年に夏に大雑把にまとめたハイエク著 隷属の道 のメモが見つかったので一挙公開。

参考にならなかったり、解釈違うよという場合もあるので参考程度にどうぞ。
 
p25 自由主義=自由を拡大させようとする考え
        社会主義=自由を認める範囲を狭めようとする考え
     社会主義は自らを「自由への道である」、つまり自由を獲得する主義であると宣伝するが、実際は隷属への道に進ませる主義である。
 
p37 経済計画を立案し、実行に移すには中央集権的に管理統制しないといけない。つまりこれを採用すると国家はcollectivismへと向かう
 
p86 計画化の実現チャート
  計画主義の台頭→権力獲得→議会の機能不全(翼賛期間になる)→独裁者の選任(国民投票による独裁体制への以降)
 
 ハイエクは独裁者による思想、経済統制に従うことそしてそれを支持することが「隷属」であると主張。
 
p104 これを防ぐには権力の講師を法律で制限する「法の支配」が必要である。
 
感想:計画化の道はまさに昭和初期の大日本帝国そのものであろう。
 
以上
 

 

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】