読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

「歴史が面白くなる東大のディープな日本史(近世・近代編)」読了

手にとった理由

 東大の日本史の講義の内容が書かれているのかと思って手にとった。
日本史の授業録ものでいうと,「日本の歴史を読みなおす」が有名で面白い本だがこれの近現代版ならば面白く無いはずはない。
 しかし,残念ながらそういう本ではなかった。

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

入試問題の解説本だった

 この本は東大入試において記述式の問題の内容から歴史の重要な事柄を理解しよう,という内容の本であった。つまり,日本史の教科書の範囲でしか語られない。これは自分にとっては非常にうれしくない。
 教科書の内容しかないのであれば,山川の日本史Bが最高に仕上がっている本であるし(未だに手に取ることができる場所においてある),それ以下のおちゃらけた内容であればなおさら必要がない。つまり自分にとっては「ハズレ」を掴んでしまった。

もういちど読む山川日本史

もういちど読む山川日本史

結局のところ,日本史概観では山川を超えるものはないという現実

 残念なことに,日本史本のなかでマクニールの「世界史」のような本がなく山川の日本史の教科書しかないというのは悲しいことである。
この本は日本史がいまいちわからなかった人が東大の冠にひかれて,買って嬉しくなる本であっていい年こいて未だに憲政の常道の時の二大政党についてああだこうだ居酒屋で話している人間が満足する本ではなかった。    いつまでも山川の日本史とか中公文庫の日本の歴史を超える本と出会いたいものである。

日本の歴史〈1〉神話から歴史へ (中公文庫)

日本の歴史〈1〉神話から歴史へ (中公文庫)