読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

「知的複眼思考法」読了

 あまたの類書がある中でこれがすごいというものははっきり言ってなかった。
こういう「考える」ことについて書かれた本は「考える技術・書く技術」が抜きんでていて
他の本は縮小再生産されたものというイメージがあるが,それは間違いではないだろう。
 類書が多いジャンルにおいて95年に書かれたということ以外はすごさはない。
つまり,ほか類書を読んでいたのならば読む必要はないように思う。
 

 

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)