読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

軽減税率導入の可否についての意見

 自分のような立場が食い扶持を減らすような言いざまをするのは問題であるとは思うが消費税を増税するのならば
当然に軽減税率を導入すべきであると考えている。
 そもそも,富の再分配を目的とした税制とその徴収体制自体に自分は否定的であるのだがそれを行うというのならば
軽減税率導入のほうが「役人にとっては」楽=介入が少ないといえるし,国民にあまねく利益を享受できると考えるからである。
・軽減税率はどの程度まで引き下げるべきか
 驚かれるかもしれないが軽減税率を導入した場合の生鮮食料品などの生活必需品については非課税とすべきと考えている。
この理由は簡単で「面倒だから」である。消費税の確定申告を行ったことがある方には同意していただけるだろうが5%から8%への
移行に伴う税申告は非常に煩雑で面倒を伴うものであった。そのような不都合性を強いるぐらいならばいっそのこととらないでいいのではないか。
その分ぜいたく品といわれるようなものに関しては最高税率を10%以上に引き上げても差し支えないと考えている。
・それって大昔にあったよね
 ここまで言えばわかるだろうが要は消費税を廃止して物品税を再導入しようよというのが私の主張である。
物品税ならばまだ課税当時の資料も残っているだろうし,サービスには課税されないという難点もあるがそこを
補正することによって理想的な間接税が作られるのではなかろうか。
 この導入に合わせて同様にトランプ類税や売上税の復活もすべきなのではないかという議論も同様に成り立つ。

要するに消費税増税に伴う軽減税率の導入は物品回帰だよねというお話。そして自分はそれに賛成する立場であるということを加えておく。