読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

マックブックプロを壊してなおしてもらう

生活

 先日、なんのはずみか愛用のMacbookPro(early 2011)が起動時にカーネルパニックを起こしてたちあがらなくなってしまった。試しうる手段をすべて試みたが、コマンド+オプション+P+Rで内部メモリ消去、インストールディスクからブートなど)どうにも解決しなかったので観念して銀座のアップルストアに駆け込んだ。

 事情を説明するとハードウェアのテストののち、ジーニアスバーの保有するサーバ(有線LANで接続していた)経由でOSをいれてもらったところ、無事現在のところはなおってきた。データは不幸なことに全部消えてしまったが、クリティカルな箇所はドロップボックスに逃がしていたのでなんとかなってはいる。

 気になる料金は、ソフトのいれ直しなのでなんと無料だった。ただ、カーネルパニックの原因がつかめないため様子見。全取っ替えでも現在では三万円でやってくれるそうだ。

 

 今回の騒動で教訓になったのはクリティカルな機材については保守的になりすぎることはないと言うこと。またこわれたら自分はこの記事を読んで新機種導入に当たってほしい。