読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

来シーズンに西武ライオンズ監督に伊原春樹氏

感想

来シーズンに西武ライオンズ監督に伊原春樹氏

ナベQが監督を辞任し、シニアディレクターという形でライオンズに残ることになったが肝心の監督はこの人である。
巨人ヘッドコーチのときですら西武第二球場でわざわざイースタンリーグを観戦したり、08年の日本シリーズの時でさえライオンズブルーの血が流れていると発言したほどライオンズ愛にあふれた人物である。

・課題は中継ぎ投手陣
 残念ながら今年も中盤に失点をしてそのまま負けてしまうという試合が多かった。したがって来シーズンも西武の補強ポイントは中継ぎ投手陣の整備だろう。第一次伊原政権時においても投手陣を軸とした守り勝つ野球を構築していたため期待は大きい。

管理野球についていけるか
 渡辺監督は寛容力を軸にチーム構築を行ってきたきとから急激な管理野球への体制変更に若手がついていけるのかが不安。頭角を表してきた坂田、菊池などの若手はもちろんだが主力の片岡、中村などのムードメーカーが伊原政権時にもそのままの明るさを保ち続けるか、もしくは耐えかねてFA移籍する可能性も十分考えられるだろう。

・短期決戦はどうなる
 渡辺監督も実はポストシーズンで思うような結果を残せていなかったがシーズン終盤まで順位が確定しないための猛追がたたって燃え尽きたような印象を持っていた。しかし、一番の心配事はあの悪夢の日本シリーズ(巨人に四タテをくらう)を率いていたのは誰かということだ。戦力的にはAクラス入りをどころか優勝を十分狙えるだけに監督の手腕によるといったところだろう。

とはいえ、外様でライオンズをステップに考える人より現場の監督がライオンズを愛する人になってくれたのはファンにとって喜ばしいこと。ファンとしてもフロントとすても伊東監督の時のような不義理をすることなく現役の選手たちにも監督のライオンズ愛を受け継いで欲しいものである。ファンとしては主力選手がなんの愛着もなく移籍していくのが一番辛いんですよ。

以上