読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

会計天国

感想

・会計天国読了。

 

小説形式で会計の仕組みを理解していくという内容であり、会計ってなんぞやというひとや数字が苦手で仕方がないひと向けであった。

 

自分は会計知識ゼロであり、よくわからねえよということはなく簿記の勉強を多少知っているのでこの項目で経営状況をどうやって知ることができるのかを学ぶことができたと思う。

 

自らが得たものとすればそれぐらいで、本当位に簿記や会計を知らないひとに簿記、会計を勉強するとどんな利点があるのかを小説という形式で紹介したにすぎないというのが率直な感想である。

そしてその小説の出来がお世辞にもいいとは言えない。死んだ会計コンサルタントが誰かに乗り移って一時間で会計的な問題を指摘して会社を立て直させるというのが大筋の流れなのだが、はっきりいってわざとらしい。都合よく物事が進みすぎており、自分としては首を傾げずにはいられなかった部分がある。

なんで資金繰り悪化の原因を指摘したら資金繰りができたり、業績が大幅に改善されたりするのかという肝心のところがすっぽりとぬけていたのだが、これは会計上の問題というより経営上の問題だから触れないよという姿勢なのか、指摘だけはするけど具体的な策は練らないよというコンサルタントへの皮肉なのかはわからないが個人的にはよくも悪くもコンサルタントが書いた本なのだなという印象であった。

 

本書のターゲットは会計をしりたいけど、深く知りたくはないやというひとやさわりだけ知りたいひと向けなのだろう。

会計から何を読み取れるかというのはわかるが、これをどのように活用するかはまた別のはなしなので自分の求めていた内容ではなかったという印象である。

広告を非表示にする