読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論ずるに値しない。

論ずるに値しない文章を毎日書く。内容は読んだ本や今まで考えてきたことがメイン。

[感想]投資の王道

 株式投資を社会人になってからはじめています。個人的にはオカタイところなので短期売買で利ざやを稼ぐというより(そもそも仕事中に短期売買なぞできぬ)、中長期においてリターンを得られればいいというスタンスでやっています。

 この本ではテクニカル分析を使った投資こそが本道であり、順張り(上昇局面に買い、下落トレンドになると思われるところで売る手法)で行うのがよいとするスタンスで書いている。自分もそれが自然であるし、奇をてらい逆張りをするよりかは打率はあがるのではないかと考えている。スイング~ポジショントレードのスタンスをとる場合チャートにさまざまな指標を駆使して今後のトレンド予測を行う際に用いるテクニカル分析が重要な武器になる。本書はテクニカル分析の見方、売り・買いサインを見極め方を細かく説明し、トレンドフォロー・順張りのスタンスに立った場合の重要度をA~Eランクに分けて説明している。

 

 感想としてはテクニカル分析を事細かに説明している二章だけ読めばよろしいと感じた。相場観やその時に用いる判断などは自身が相場において体得するものだからである。とはいえ、著者が相場において以下に判断したかは参考にはなった。

 ほんとに流して読むなら二章だけでよい。

 

 自分が得たものとしては今後活用するであろう一目均衡表の解説が非常にわかりやすかったことである。自分は過去の体験から順張り、トレンドフォロー、ポジショントレードというスタンスを固めているが、それを実現する為に参考とすべき指標を見つけられていなかった。(しいて言えば移動平均線ぐらい)ゆえに、移動平均線に近い形で分析できる一目均衡表は自分としては「探していた」指標であり、今後本などで深く研究したいと思っている。

 この本は入門というより少し株をやってみたけど、チャートや指標を活用するにはどうすればいいか、ということを考え始めた方に向いているのではないかと思う。

自分もそうである。スタンスが確立しても座右においていたい本である。